【TH11】フィールドを広く使ったアンバランスレイアウト対戦配置

TH11TH11-クラン対戦


【TH11】フィールドを広く使ったアンバランスレイアウト対戦配置
今回ご紹介するのは、TH11(タウンホール11)の対戦配置になります。

TH11の対戦配置にも色々ありますが、こちらはフィールドを広く使って壁レイアウトをアンバランスにした対戦配置になります。

TH11:フィールドを広く使ったアンバランスレイアウト対戦配置について

最初に目に付くこの対戦配置の特徴は次の2つになります。

  • フィールドを広く使っている
  • 壁のレイアウトが不均等

この2つの特徴はどのような効果があるのかは次になります。

「フィールドを広く使う=フィールドいっぱいに建物を置く」ということになりますが、この場合は嫌でもフィールドの1番外側からユニットを展開していくしかありません。
そうなると少しずつ内側に進行させるのですが、建物などを壊しながら進んでいる間に防衛施設からの攻撃を受けるしかないんですね。
壁付近に辿りつくまでに地空ともにユニットを少しでも多く削ることが可能になります。

壁のレイアウトが不均等やアンバランスの場合、ユニットが進むルートが簡単に解らなくなるという効果があります。
呪文(例えばジャンプなど)を使えばある程度コントロールすることは可能ですが、呪文を使わせることで他の呪文の枠数を圧迫することになります。

他に呪文を使わない場合には、壁のレイアウトが複雑な場合に予想していたルートを進まないなどのイレギュラーを発生させる可能性もあります。
この際に、慌ててリカバリーできない時には大きな損失を与えることができるかもしれません。

不確定要素かもしれませんが、可能性が0ではないので期待値としては有効なのではないでしょうか。

BASE

Posted by BABEL